長瀬ランダウア株式会社
  • ご意見・お問い合わせ
  • English
メニュー

その他バッジ
(リングバッジ、中性子バッジ)

リングバッジ

リングバッジ

X線透視やアイソトープを取り扱う作業者は、体幹部より手指の方が、数十倍も多く被ばくする可能性があります。特にIVR等でX線視野に直接手指が入る場合、年間500mSvの末端部の等価線量限度よりも多く被ばくする恐れがあります。
リングバッジは、熱蛍光線量計(TLD)を用いた、手指の被ばくを簡便に測定するために開発された線量計です。X線透視等で視野に手指が入る方、RIを直接扱われる方、手指の被ばくが体幹部(胸部、腹部)より多く被ばくする可能性のある方は、リングバッジのご着用をお薦めします。

リングバッジの特長

Point:1
リング本体にお名前等を直接レーザーで印字いたしますので、消毒や手洗いをしても、印字が消えることがなく、また測定にも影響はありません。
Point:2
消毒が簡単なため、手術室等への持ち込みも可能です。
Point:3
バッジに突起物が無いので、リングの上からでも簡単に手袋などが着用できます。
Point:4
リングは再使用せず、毎回新しいものをお送りしますので大変衛生的です。
Point:5
着用期間ごとにリングの色(3色使用)を変えてお送りしますので、着用期間が終了したリングを見分けることができます。
Point:6
検出素子(TLD)に生体等価なLiF(フッ化リチウム)を使用しています。

リングバッジ(Rタイプ)の仕様

リングバッジ
測定線種 Χ・γ線 β線
測定線量範囲 0.2mSv~
1000mSv
0.4mSv~
1000mSv
測定エネルギー範囲 15keV~
6MeV
700keV~
3MeV

注)測定線種はX・γ線またはβ線のいずれかの選択となります。

中性子バッジ

中性子線の測定原理

中性子バッジ
ADC板にできたピット画像

ADC板にできたピット画像

中性子線がバッジに組み込まれている陽子ラジエータとαコンバータに衝突し、弾き出された陽子線やα線がADC板に傷を作ります。この傷に対し化学的にエッチングを行い、できた穴の数より被ばく線量を算出します。
エッチピット法の技術を、高速中性子線だけでなく、熱中性子線検出にも応用し、開発した高精度な測定が可能になっています。

中性子バッジの特長

Point:1
ひとつのバッジで、X・γ線、β線、熱中性子線、高速中性子線を測定できます。
Point:2
フェーディングはほとんどなく、高い測定精度が得られます。
X・γ線にほとんど感度が無いため、X・γ線との混在場でも、中性子線が精度良く測定できます。
Point:3
中性子ルミネスバッジは中性子線測定素子(ADC板:プラスチック)に、フィルターとして陽子ラジエータとαコンバータを組み合わせ、小さなケースに装填された構造になっています。

中性子(KGタイプ・NGタイプ)の仕様

なお、X・γ線、β線はルミネスバッジ同様にOSL素子を使用しています。
中性子バッジ
  熱中性子線
KG・NGタイプ
高速中性子
KGタイプ
高速中性子線
NGタイプ
(精密測定用)
中性子線
測定線量範囲
0.1mSv~
6mSv
*熱中性子単独
入射の場合
0.2mSv~
50mSv
0.1mSv~
50mSv
中性子線
測定エネルギー
範囲
0.025eV~
0.5eV
100keV~
10MeV
100keV~
10MeV

新規でご検討の方へ

ご意見、お問い合わせはこちらからお願いします。
新規契約ご希望の方は新規申し込みフォームからお申し込みください。

新規でご検討の方へ

以下の新規申し込みフォームからバッジ契約をお申し込みいただけます。

新規申し込み
フォームはこちら