長瀬ランダウア株式会社
  • ご意見・お問い合わせ
  • English
メニュー

放射線の防護の仕方

放射線の防護の仕方は?

放射線を防護する方法はいろいろありますが、昔からよく言われているのは次の3点です。

  1. 距離
    線源から距離をとり作業を行い、被ばく量を少なくする。
  2. 時間
    作業時間をできるだけ減らし、被ばくする時間を少なくする。
  3. 遮蔽
    作業中はプロテクター(防護衣)等を着用し、被ばく量を少なくする。

また、それ以外にも個人線量計を着用し、自分がどれくらい被ばくしたかを認知することも、被ばく防護として大変重要なことの一つです。