長瀬ランダウア株式会社
  • English
  • ご意見・お問い合わせ
メニュー

被ばく線量測定システム

RaySafe 452

RaySafe 452


raysafe452-fluke

RaySafe 452は、検出器に半導体とGM管の両方を搭載したことで、空間の線量率と表面汚染測定の両方を1台で行うことができるハイブリッド式のサーベイメータです。*
*RaySafe 452フルバージョンの仕様。

特長

  1. 多用途性
    半導体式測定器とGM管式測定器を組み合わせた構成により、1台の測定器で様々な測定環境に対応することが可能。
  2. 可搬性
    電離箱式サーベイメータに比べて管理・保管が容易で、飛行機などの移動に特段の注意が不要。
  3. 効率性
    視認性の高い大型ディスプレイに、リアルタイムの線量率・累積線量・平均エネルギー・ピーク線量率を同時に表示。ボタン長押しで速やかに測定作業を開始可能。
  4. 堅率性
    IP64(防塵・防水)準拠
  5. 快適性
    0.8 kgの軽量設計

用途

  • X線管からの漏洩線量測定
  • 放射線管理区域の漏洩線量測定
  • 撮影室内の錯乱線量測定
  • 表面汚染検出
  • 環境放射線測定
  • 非破壊検査用X線管の線量測定

RaySafe 452に関するお問い合わせ

製品、使い方についてなど、お気軽に弊社までお問い合わせください。

RaySafe 452
お問い合わせ